資格案内

独立開業が可能な各種国家資格の業務内容や試験情報をご紹介します。
各資格の詳しい内容については、下記の「詳細情報」または左のメニューをクリックしてご覧ください。

資格関連書籍

 資格に関する書籍はこちら→  資格ガイド   資格勉強法

弁護士

法的手続において当事者の代理人・被告人の弁護人として法廷で主張・弁護等を行うほか、各種の法律に関する事務を行う資格です。

司法書士

登記又は供託に関する手続きの代理及び裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成等の法律事務を業とする資格です。

行政書士

官公署に提出する許認可申請書類や権利義務・事実証明に関する書類の作成・代理すること等を業とする資格です。

弁理士

特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の産業財産権に関する手続の代理を業とする資格です。

公認会計士

企業の財務諸表に関する適正性を証明する監査業務をはじめ、会計、税務等を行なうことを業とする資格です。

税理士

各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等をすることを業とする資格です。

社会保険労務士

労働社会保険関係の書類の作成・申請手続の代行、および、年金相談等を業とする資格です。

中小企業診断士

中小企業の経営課題に対応するために、経営の診断及び経営に関する助言等を行なうことを業とする資格です。

不動産鑑定士

不動産の適正な価格を決定する不動産の鑑定評価や不動産のコンサルティングを行なうことを業とする資格です。

土地家屋調査士

土地や建物を調査、測量して図面作成、不動産の表示に関する登記の申請手続等を行うことを業とする資格です。

宅地建物取引主任者

不動産の売買や賃貸の仲介等をする際に、重要事項の説明等をする専門家として宅地建物取引業者に設置が義務付けられている資格です。

マンション管理士

管理組合等の相談に応じ、助言・指導等を行うことを業とする資格です。

ファイナンシャル・プランニング技能士

顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談をすることを業とする資格です。

貸金業務取扱主任者

貸金業の業務が法令に遵守して適正に行われるよう助言・指導を行う者で、貸金業者に設置が義務付けられている資格です。



ページトップへ
 

国家資格で独立開業 MENU

ホームページ制作 フリー素材 無料WEB素材 カウンセラー資格 債務整理
Copyright 国家資格で独立開業 All Rights Reserved.