Home資格案内宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者

 不動産の売買や賃貸の仲介等をする際に、重要事項の説明等をする専門家として宅地建物取引業者に設置が義務付けられている資格です。
 宅地建物取引主任者の有資格者は不動産会社等に勤務している場合が多いですが、経験・人脈等を築き上げることで独立開業も可能です。

資格の大原 宅建主任者講座 LEC宅建通信講座

宅地建物取引主任者書籍紹介

 宅建に関する書籍を紹介します。下記のリンクをクリックすると一覧が表示されます。
 宅建テキスト   宅建問題集   不動産業独立開業

宅地建物取引主任者資格試験(平成23年度)

受験資格

年齢、学歴、国籍等の制約はありません。誰でも受験できます。

試験内容

1.土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
2.土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
3.土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
4.宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
5.宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
6.宅地及び建物の価格の評定に関すること。
7.宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

試験日・時間

平成23年10月16日(日)13時から15時まで(2時間)
※ 登録講習修了者は13時10分から15時まで(1時間50分)

試験地

各都道府県別で実施

受験手数料

7,000円

受験申込期間

インターネット申込 平成23年7月1日(金)午前9時30分から7月15日(金)午後9時59分まで
配達記録郵便による郵送申込 7月1日(金)から8月1日(月)まで

合格発表

平成23年11月30日(水)に合格者の受験番号を財団法人不動産適正取引推進機構のホームページにおいて合格者の受験番号を掲載。

試験実施機関

財団法人不動産適正取引推進機構
〒105‐0001 東京都港区虎ノ門3‐8‐21 第33森ビル3F
http://www.retio.or.jp/

宅地建物取引主任者資格試験データ(平成22年度)

宅地建物取引主任者資格試験実施結果

申込者228,214名 受験者186,542名 合格者28,311名 合格率15.2%

宅地建物取引主任者資格試験合否判定基準

50問中36問以上正解(登録講習修了者 45問中31問以上正解)

ページトップへ
 

国家資格で独立開業 MENU

ホームページ制作 フリー素材 無料WEB素材 カウンセラー資格 債務整理
Copyright 国家資格で独立開業 All Rights Reserved.